花水木の会と仲間たちが始めた新プロジェクト。
地域のキラリと光るヒトやモノを再発見しつつ、今後に広がる人たちと出会うための企画。
地域マップはその実験的な位置付け。

地域で活躍する人たちを紹介するサイトや地域情報のポータルサイトはたくさんあるけど、僕が重要視しているのは情報じゃなくてパーソナリティや個人の考え方やモノの見方。そういうのを打ち出したブログ。次にみんなで食事するときの料理が美味しいくなければ残念になるよね。どんなに正しい活動も正しさだけじゃつまらないものになってしまうんじゃないかな。美しさ、楽しさ、美味しさを活動の随所に入れ込んでいく、活動の中にある美しさが仲間との活動を楽しいものにする。それは僕ららしさの一つだから。あと、これが地域コミュニティについて考えることの第一歩だということ。地域にどのような人達が暮らし、どんなことを想っているのかを知ることから始める必要があった。そうして街を歩いてみたらいつも通り過ぎるだけの身近な通りに気付かなかったものを発見した。出会った人達は素敵な人達ばかりで何だかワクワクしてきた。