2021/11/29

あの頃はみんな夫婦でやってた。今ほとんど一人でしょ。木村屋酒店|弁天通り商店街|街かどの立ち話

ハラハラと落ち葉舞い散る季節。いよいよ今年も終わりに近づいてきました。今年も商店街のお歳暮の抽選がもうすぐ始まります。各店の景品を集めてビラを作ったり引換券を送付したり、そういった作業を何かと担う商店街の会長、木村屋酒店。

子供の頃、遊びに行った友達のうちのリビングで、おばさんとおじさんに出会して、「まぁ、大きくなったねー今いくつ(背)?、そー、それじゃ、なんかやってるのスポーツ?」たわいない会話に、時折うちの子ネタを差し込んで笑い飛ばしたりするんだけど、そこにチラッと親心が見えたり、そんな和やかなで暖かな時間。

こういう絶大な安心感を醸し出すのはお母さんの存在が大きい。隣にいるお父さんは最初は腕組みなんかしてドスーンと見えてたのに、だんだん主ではなくむしろ従なんだと気付かされ、そのしなやかな柔軟性にサラリーマンの悲喜こもごもを感じたり、何かと学ばされる二人の絶妙なバランス。

話を戻すと、今では数少ない昔の商店街の様子を知っているのが木村屋酒店のおじさんとおばさんです。記憶をひもときながら、あの頃の感覚を思い起こしながら、ちょっとした新しい発見もあった話。

 

弁天ストアーって言ってね、肉や魚や八百屋なんかが全部入ってた。

 

そんなにレジャーがなかったから、近所で金魚すくいやると人がわーと集まった。 

 

昔の店と人。いろんなお店があってなんでもあった。あの頃が一番面白かったよな。 


 

新しいお店。インド料理屋はまた違うインド人。もう3代目じゃない。

 

 

木村屋酒店
東京都練馬区練馬2丁目19−5 
営業時間9ー21
定休日火曜
03-3992-6745 
https://sites.google.com/hnmk.org/kimuraya

 

 

弁天通り商店街のアルバム