2020/10/19

深いけれど近くはない
欅の音テラスの「tsugu_books」で、
住み開きがつくる適度な距離感

住まいを開く「住み開き」
住み開きだから生まれる人との関係を教えてくれたのは、「tsugu_books」の店主、つぐさんでした。

「tsugu_books」は住み開きをしたいという人たちが集まった「欅の音テラス」にある本屋さんです。「住み開き」とは、自分の家の一部をお店として使うスタイルのこと。商店街などではよく見られるかたちですね。

つぐさんをはじめ「欅の音テラス」に集う14人は、店主であり、住人でもあります。「欅の音テラス」に住み、会社勤めなどをする傍ら、週末や時間のあるときに各々のお店を開いています。

土曜日のマルシェの朝、2階の本屋さん「tsugu_books」に入ると、店内には3つの本棚が並んでいました。店内といっても、ここは多分つぐさんのリビング。書棚の反対側の壁にはキッチンがあります。
本棚は絵本、文庫本から学者の著作まで、ジャンルも幅広くラインナップされています。
ここは開二小の裏。こんな普通の住宅街の中に、本屋さんがいたなんて。

店主のつぐさんは、この「tsugu_books」だけではなく、カフェや美容院などの本棚を借りて本を売る「間借り本屋」の活動もしているそうです。間借り本屋!これはまた発想を広げられる概念です。

一体どんな方なのでしょう。

つぐ:
説明が難しいですけど、一応自己紹介をするときは「本をお届けする活動をしています」って説明をしています。届ける手段は色々で、清澄白河にいたときは映画の上映とかもやっていて。上映すると映画の関連本が売れるので。
結果、本が届けばどんな手段でもいいっていう感じです。練馬では「週末本屋」って言ってます。

住み開き、適度な人との距離

つぐさんが清澄白河で本棚の間借りを始めたのは2016年のこと。その頃から住み開きへの憧れはあり、『地域社会系主義』(山本理顕、2012年)という本に出てくる、土間と寝室だけの部屋を探していたのだとか。

つぐ:
土間と寝る部屋という形の部屋をずっと探していたんです。住み開きっていうのをやりたくて。
すっごく家っていう感じだと自分も嫌だし来る人も来づらくなるだろうし、逆に寛ぎすぎると近過ぎるし(笑)
適度な距離を保って、でも深い話もできるみたいな雰囲気。

多分コミュニケーションが好きなんだろうとか、人が好きでそいうことに慣れているんだろうと思われるんですけど、全然そんなことなくて…。
人は好きなんですけど、距離はそんなに近くなくていい(笑)。それは仲良くしたくないって意味じゃなくて、毎日炉端会議が繰り広げられるのは嫌で。でも深い話ができるのは楽しいなと思ってて。
近しいけど名前は知らない、みたいな関係は面白いな、と。それで開きたいと思ったんです。

ーーなるほど。他者と、深い話ができるけれど近すぎない距離感で接する。そんな機能を生活の中のお店に見出していたんですね。

そんな距離感の原点は、「その土地の人だ」と思われることがなかった、つぐさんの半生にあるのかもしれません。

つぐ:
アイデンティティってないです(笑)ここの人って言われたことがあんまりない。

滋賀も14年も住んで、生まれもそこなのに、ずっと滋賀の人だとは思われていなかったし。両親が熊本出身だったので、滋賀の人とは味付けも違うし、食べるものもちょっと違う。おにぎりが焼き海苔なのか味海苔なのかとか、ちょっとずつ。
「なんでそれなの?」みたいなことを言われて、あ、これはうちの親が熊本だからだ、みたいな。
埼玉に引っ越したら、滋賀から来た人って言われるし。長崎に社会人で行った時は東京から来た人だと思われているし、ちょっとずつ何かしら違和感を感じていて。
それ面白いなって思ったし、もっと人を知りたいと思ったというか。でも、だからちょっとずつ距離とって人を見ているのが好きなんだと思う。 

本を挟んだコミュニケーション

「元々はグリーフケアというか、人の悲しみを聞いたりする場を作りたかったんですよね」
本をツールだと思ってはいないと話すつぐさん。でも、本を間に置くことでできる人間関係がある、そう感じることがあったそうです。

つぐ:
いきなり「悲しみを話せ」と言われても難しいですけど、夫婦の読書会という形でやったら、初めてその人の悲しみが出てきたんです。夫婦だとぶつけ合うしかないけど、夫婦の間に私がいる三角の関係みたいになると、みんな私に向かって感情を言うから。
本って中身が面白いのは勿論だけど、その人の記憶を呼び起したり、話の糸口になったり。その人の一部を知る、全部はわからないけど一助にはなると思ったんです。

元々本は好きで面白いと思っていたけど、作者も儲からないし、どうにか循環できるようにしたいと思っていて。すごくちょっとだけど買い取って販売したら、自分も売りながら本の宣伝にもなるし、本を挟んでコミュニケーションすればその人のことも知れる。

なんかすごいいいじゃん、みたいな感じになって。

欅の音テラスの隣人関係

欅の音テラスの店主・住人たちは、みんな仲が良いと言います。
でも、職業柄コミュニケーションの素養がある人はいるものの、皆が近しくありたいと思っているわけではないのだそう。お店をやりたい、地域に関わってみたい…それぞれの理由で欅のテラスに集う人たちは、誰にとっても心地の良い距離を探しているのでしょうか。

つぐ:
たぶんみんなもそうだと思うんですけど、いろんな人がいるっていうのはそれなりに大変で。みんな優しいけど、考える優しさが違うから、お互い良かれと思ってやっていることがストレスってことはあります。

ただ、それが全然言えるようになったりだとか、普通にどっちかが良い意味でスルーできるとか、なんかそういう、溜め込んでて爆発する以外のことが自然と重なりあって抱えたまま居られることができるようになってきた。

効率重視の人もいれば、そうじゃない人もいるじゃないですか。私はどちらかというと そうじゃないので、「それって要ります?」みたいな(笑)
でも、全員いい人で良くしたいと思ってるのはほんとで。ただ目指す「良い」が違うというか。

 

「全員いい人で良くしたいと思ってるのはほんと」というつぐさんの言葉の中に、前提となっている信頼が見えます。だから、同じものを見る角度や方法の違いを受け止められるのかな。根本的な信頼に重心のある人間関係が、欅の音テラス全体の関わりのキャパシティを広げているような気がします。

住み開き、いいなあ。お店、やってみたいなあ。

お話を聞いたあと、クーポンをもらった1階のお店でカフェタイム

tsugubooks

Website:tusugubooks公式HP

SNS:tsugubooks公式Twitter
アクセス: 「練馬駅」(西武線、都営大江戸線)および「桜台駅」(西武池袋線)より徒歩10分