2021/03/31

[耳に効くレシピ] 酸辣湯と春の昼間に料理しながら聴くプレイリスト。

今日は、気ままな家庭料理と音楽をお届けしたいと思います。👩‍🍳食はもっとも根源的な営みで、人のこころとからだを形作るものと言われます。なかでも料理は、日常を表す行為の代表格です。料理をしていると、手を動かしていく楽しさと、無心になれる心地よさを、一度は誰でも感じたことがあるんじゃないでしょうか。

これから作るのは、どれも気ままな家庭料理。あとそこに、音楽があれば言うことなし。というわけで、昼間にリラックスして聴くのに、ぴったりなプレイリストも作りました。心地よい音楽を聴きながら、おいしい料理を作る時間は、とてもいいものだと思いません? ぱぱっと楽ちんレシピで、本格中華の味なので、ちょっとやってみてはどうでしょう🔪🍽

 

今日紹介する、気ままな家庭料理と心地よい音とリズムのレシピはこちら!

🇨🇳酸辣湯(サンラータン)

黒酢の酸味に黒胡椒やラー油の辛味と香味を利かせたトロッと熱々のスープ

 

材料・4人分 

・にんじん 1本               

・しいたけ 2本                 

・きくらげ 3g                    

・ねぎ   1本                    

・絹豆腐 1/2丁                  

・卵   1個                        

・水           800cc           

・ウェイパー(中華用調味料)

・しょうゆ 大さじ1              

・酒 大さじ2                           

・黒酢 大さじ4                       

・片栗粉 大さじ1                    

・塩・黒胡椒・ラー油 適量    

作り方  

❶にんじんは長さ5cm位の斜め薄切りに。豆腐は1cm幅の細切りにします。しいたけは細切りし、きくらげはお湯でもどしたあと細かく切る。

❷強火で水を熱し、ウェイパーを加える。煮立ったら中火にしてにんじん、きくらげ、しいたけを加える。

❸煮立ったら、酒、しょうゆを加えて塩と黒胡椒で味を整える。黒胡椒を多めにするのがポイント。

❹火を弱めて、水溶きかたくりを加えて火を強めとろみをつけたら卵を入れる。豆腐を加えてお鍋をゆするようになじませると具材が崩れず仕上がる。最後に黒酢を加えて一度煮立たせる。器に入れたらラー油とネギをのせて出来上がり 🍲

ポイントは❸で黒胡椒を多めにすること。もうひとつは❹黒酢を入れたあとにひと煮立ちさせてツンとした酢のかおりを飛ばすこと。


 

料理しながら聴くのにぴったりなプレイリスト📻🌸🍲

料理は食べるだけじゃない。料理をしていると、手を動かしていく楽しさと無心になれる心地の良さに気づきます。あとそこに音楽があれば言うことなし!春の陽射しのなか昼間に、リラックスして聴くのにぴったりな70年代のソウルやR&Bの女性アーティストが中心のプレイリストです。

70年代のソウルやR&BはHipHopの元ネタになっているものが数多いですよね。地元豊島園のHip Hopを中心に扱うレコード屋BBQさんはソウルやR&Bも充実してます。「ジャケットのカッコいいヤツあります?」というボクの粗暴な問いにも、BBQさんはいつも真摯に向き合ってくれる。そして今まで知らなかった曲と出会う。

8曲目の「Want Ads」はそのひとつ。Honey Coneの69年の曲でBBQさんで7インチを買って持っている。Spotifyでは見当たらなかったからSodaMachineのカバーを入れました。でもやっぱりyoutubeでHoney coneのを聞いてみて。